デイトレ向きの会社TOP5 - オンライントレード比較.com 商品先物取引会社人気TOP5 - オンライントレード比較.com FX取引会社人気TOP5 - オンライントレード比較.com 証券会社人気TOP5 - オンライントレード比較.com トップページ - オンライントレード比較.com
ランキングで比較する

株式売買できる証券会社を比較

FX(外為証拠金)取引会社を比較

商品先物取引会社を比較

厳選!オススメの会社



特集記事:外国為替証拠金取引とは


外国為替証拠金取引とは、「外国為替」を「証拠金」を使って売買する投資方法です。

通常の外貨預金と異なり、手持ち資金の10倍〜200倍といった金額を取引することができるのが特徴です。つまり、小額からできる、ハイリスク・ハイリターン投資だといえます。

【外国為替市場とは?】
外国為替取引は、証券取引所のように一ヶ所の取引所があるわけではありません。 株の場合と異なり、通貨は銀行をはじめとする金融機関どうしで買いたい人・売りたい人が電話やネットを通じて連絡をとりあい、取引(交換)を行っています。これをインターバンク市場(銀行間市場)といいます。このような取引と取引をつなぐネットワーク全体を外国為替市場と呼びます。


【外国為替証拠金取引の特徴】
次に、外国為替証拠金取引の特徴をみていきましょう。

少ない資金ではじめられる
株や投資信託を売買するには、まとまった金額を投資する必要があります。やはり最低でも100万円はないと難しいでしょう。ところが外国為替証拠金取引は5万円〜10万円もあれば十分スタートできます。(できれば30万円程度はあったほうがいいでしょう)

レバレッジを利用して大きな金額を取引できる
レバレッジとは”てこの原理”のことです。外国為替証拠金取引は、その名の通り、「証拠金」を預けて、その何倍もの金額の通貨を売買します。たとえば、10万円を証拠金として預けて、100万円〜1000万円(!)もの通貨を売買することもできるのです。レバレッジの大きさ(=必要証拠金の割合)は会社によって異なります。

ハイリスク・ハイリターン
少ない資金で大きな金額を売買できるということは、それだけハイリスク・ハイリターンということでもあります。例えば、10万円の証拠金(元手資金)で1000万円分のドルを買ったとしましょう。もし、1ドル100円の時点でドルを買って、その後1ドル101円になったとしたら・・・約10万円ほどの利益がでるわけです。つまり、元手は倍になるわけです。もちろん、これは逆方向に為替が動いたらそれだけ損をするということでもあります。ですから、あらかじめ○○円になったら自動的に利益確定(損切り)といった注文を入れておくことは重要ですね。寝ている間に反対方向に相場が動いたら大変ですから。なお、どの会社でも、相場が一定以上反対方向に動いたら自動的にポジションを決済するロスカットというルールがありますので、証拠金以上の損を出すことはあまりありません。(会社によって異なりますのでよく確認してください)

手数料が安い
銀行で外貨を売買すると、通常1ドルあたり1円程度の手数料を取られます。しかし、外国為替証拠金取引の場合は、1ドルあたり3銭〜10銭というのが一般的です。また、頻繁にトレードするデイトレーダー向けに、月額定額料金サービスを提供しているところもあります。

インターネットで24時間取引ができる
株式取引や先物取引の場合、基本的に証券取引所が開場している時間しか取引できません。(通常9時〜15時)しかし、外国為替証拠金取引は24時間レートが動き、24時間取引ができるのです。インターネットを利用していつでもアクセスできるため、サラリーマンやOLが夜にトレードすることも可能です。

スワップポイント(金利)がある
スワップポイントとは、2つの通貨の金利差をいいます。例えば、金利が高いA通貨を買って、金利が安いB通貨を売った場合、この2通貨間のスワップポイント(A通貨の金利−B通貨の金利)を収入として得ることができるのです。手元資金の100倍といった金額を取引している場合はスワップポイントもそれなりの金額になります。




ページトップ

home        |        運営会社情報        |        免責事項        |        リンク
オンライントレード比較.com © 2005-2007 All rights reserved.
参考サイト  贈与税  相続・遺言かんたんガイド